「DAGASHIで世界を笑顔にする会」について

設立の目的

日本のだがしで世界に笑顔を

当法人は、日本の菓子の原点である「DAGASHI」が世界に認知され、世界中の人々の笑顔に貢献するため、次の事業を行います。

  1. 「3月12日だがしの日」の認知度を高め、「だがしと笑顔の交換」を全国、世界へと拡げます。
  2. 菓子製造企業・卸・小売店など業種業界を越えて交流・連携し、後継者問題や売場減少等の課題に直面する日本の菓子業界を活性化します。
  3. 教育・福祉分野など、だがしの新たな市場開拓。
  4. 障碍・貧困や虐待・被災で苦しむ子どもたちを応援し、子どもの笑顔から大人の笑顔へ絆を繋げます。
当会について

設立趣意書


日本の精神・文化が凝縮された“DAGASHI”が世界に認知され、そのコミュニティの場が広がることによって世界平和に貢献します。 
一般的な共通語というよりも、世界平和の用語として用いられることを目指し、”DAGASHI”が持つ二つの思想を理解してもらい世界に広げていきます。 

一つは、格差・差別・宗教を問わない「平等」。 

一つは、それぞれの個性を生かした「共存共栄」の和の世界。
 

今まで、“だがし”という定義も業界もあいまいであり、組合も存在しませんでした。
このことは、否定的に捉えるのではなく、日本人の特性だと思っています。昔から庶民の生活の中に自然に生まれ、海外を含めいろんな素材や文化を取り入れて融合され、和菓子業界、洋菓子業界、もっと言えばビスケット、チョコレート、飴業界と細分化されてきました。日本人特有の技術が拡散されたのです。

そこで、“だがし”とは何か?
一言でいえば “日本のお菓子の原点”、これが私たちの“だがしの定義”です。
業界は有りません。日本のお菓子全てです。
組合もありません。お菓子を通じて“子供の笑顔”を創りだす集まり全てです。小売・卸・メーカーの垣根はありません。
経済という枠組みもありません。福祉も幼児教育も地域づくりもすべての連携です。
時代の潮流は、グローバル化とデジタル化(IT・AI)の大きなウネリにつき進んでいっています。競争社会(勝ち組負け組→格差社会)の流れは止めることはできません。しかしながら、自然界がそうであるように、その反動、それに対してバランス(調和)をとる動きが必要となります。

これからのトレンドは、日本人の原点に立ち戻ることです。日本という国は、古来より自然を神とし、“お天道様が見ているよ”の信仰であり、“和を以て尊しとする”国民性が根付いています。争いよりも和を好みます。まさに、“だがしの精神”と同じです。 

代表理事 秋山秀行

名称一般社団法人DAGASHIで世界を笑顔にする会
設立2019年8月
所在地〒701-4262 岡山県瀬戸内市長船町東須恵1373-5(㈱大町内)
代表者代表理事 秋山秀行
役員一覧詳細ページへ
ページトップへ